フロアコーティングの費用

フロアコーティングを行う事で床をキズや汚れから守る事が出来ます。コーティングをする事で、日常的なワックスがけなどの手間を省く事もできます。業者によって価格設定も違いますし、コーティングの種類も異なりますので、十分に検討するといいです。インターネットを利用して、フロアコーティングを行っている業者を簡単に探す事が出来ます。新築のお家の床などのコーティングを施す事で、長くきれいな状態を保つ事が出来ます。コーティングの持続期間は色々ありますので選ぶ事が出来ます。中には10年以上コーティング効果が持続するものもあります。光沢が出ますので、古い床に行っても床をきれいにする効果が期待出来ます。価格と持続期間を考えて依頼するといいです。コーティングは頻繁に行う事は難しいのでなるべく長期間持つタイプのコーティングを中心に検討するといいです。

掃除がしやいフロアコーティングの良さに注目です。

フロアコーティングをすることによって、掃除がしやすくなる良さがあります。掃除について考えていく時に、床掃除で、頑固な汚れが付いていると、そのたびに掃除が大変に感じる方もたくさんいます。キッチンなど、料理をしている最中に、床が汚れてしまうこともあり、頑固な汚れが付いてしまうこともあるので、注意が必要です。頑固な汚れの掃除で困らないように、床にフロアコーティングをしてみることもおすすめポイントです。床にフロアコーティングをすることによって、掃除をする時に、軽く拭くだけで、汚れをきれいに落とすことができる場合もあるので、掃除がしやすくなります。掃除の手間も考えて、事前に床をコーティングしておくことで、掃除の手間も省けるようになり、いつもきれいな状態の床を維持できるようになって、安心できる方もいます。

フロアコーティングの前に

フロアコーティングは、床材の艶出しのほかに、強度を増して傷やへこみから表面を守るといった作用があります。しかし、その前に大切なことを確認してください。それは床材の「硬度」です。一般的に物質は硬度が増せば当然その分「硬く」なりますが、反面「脆く」なる性質のものがあります。良くある例えで「鉄と硝子はどちらが硬いか」というものがあります。正解は「硝子」です。鉄は硝子より柔らかいため、曲がりますが簡単に割れません。床に使う木材にも「硬度」があります。日本では「ブリネル硬さ」を用います。このブリネル硬さが「4」の数値で、土足による重歩行に耐えるとされていますが、中にはそれ以下の硬度の材質の床材が存在します。そんな床材の上でコロ付の椅子に座ったまま移動するとコロの轍ができたりします。部屋の使用環境に応じて足に係る負担が少ないよう、この様な硬度3以下の柔らかい床材もありますが、もしも過重がかかった箇所がへこんでしまった場合には、フロアコーティングである程度強度を増すかも知れませんし、引っ掻き傷などに有効なのは言うまでもありません。しかし、先に材質を十分検討する事が大切です。自分が好きな材質や色だけで決めることはお薦めできません。

当社の強みは、お客様に満足していただける低価格で高品質なフロアコーティングをご提供していることです。 お客様のご予算とご希望に応じた3タイプの高品質なフロアコーティングを用意し、お客様の大切な資産であるフローリングをしっかりと保護します。 当社は、フローリングをしっかりと保護し、普段のお手入れが楽になるよう予算に合わせた3タイプのフロアコーティング 安心価格のフロアコーディングをご案内。